2017年10月19日

ふれあい交流事業◎大道小学校






10月13日(金)

大分市立大道小学校4年生2クラスでの
ふれあい交流事業でした〜!


大道小学校3.jpg


出迎えてくれたのは、
こんな嬉しいサプライズ!!


今月末10月29日(日)開催
大分国際車いすマラソン大会出場の
城隆志選手笹原廣喜選手の来校ということで
応援旗をつくってくださいました!


ありがとうございました!


大道小学校2.jpg


でパワーをもらえました☆



昨年度の車いすマラソン大会のDVDを上映したあとは
選手お二人の講話。

生徒のみなさんは それぞれ
ノートをとりながら
真剣に聞いてくれていました。

大道小学校5.jpg


お二人とも
やさしく、ていねいに、
これまでの経験や心境の変化などを
お話します。


大道小学校13.jpg






競技用車いす”レーサー”の体験では

大道小学校17.jpg



選手のお二人をはじめ、
学校の先生方や事務局がサポートし
3チームにわかれて試乗しました。



みなさん、はじめて??と思うほど
けっこうなスピードで乗られていました笑

大道小学校8.jpg

選手お二人の、力強いサポート

大道小学校10.jpg



順番待ちの時間も
たのしいひとつ。


こちらの実習の先生も
「えええ〜〜」と言いつつ
生徒のみなさんにあおられ・・・


大道小学校11.jpg

乗車。


先生方が乗ると、生徒さんたちはすごく喜びます♪



こちらの、4年生の担任の先生は
乗りたい〜!!と・・♡

大道小学校9.jpg


先生、お上手でした!



大道小学校12.jpg




質問コーナーでは
積極的に挙手をしてくれました。



感想発表では、代表の男子生徒が
「車いすマラソン、応援にいきます。
もしぼくの声が聞こえたら
あ、〇〇くんだと思ってください」ともうやだ〜(悲しい顔)揺れるハート


(か、かわいすぎる!)


大道小学校18.jpg


そして、集合写真。


大道小学校15.jpg



お二人退場のときは
ムキムキの腕をさわったり
会話したり。



車いすマラソン大会の日には
ぜひ、
応援をおねがいしますねわーい(嬉しい顔)



大道小学校のみなさん、
ありがとうございました♪♪






















posted by 障体協ブログ at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもふれあい交流事業

2017年10月14日

ふれあい交流事業◎9月






お久しぶりのblogです。

いよいよ、大分国際車いすマラソン大会まで
あと二週間となりました!


事務局一同、準備を進めております。



\\\\\\\\\\\\\\\\\




9月27日(水)

生活介護事業所「ふれんど・すくえあ」さんと
就労継続支援B型作業所「ワークスクエア」さん合同

そして

大分東明高校

の二本立て
ふれあい交流事業でした。



まずは、大分銀行ドームで
作業所合同の車いすマラソン体験。

雨が降ったため
室内で行いました。


2.jpg


昨年の大分国際車いすマラソン大会の映像を鑑賞

講師の城選手と笹原選手のお話を
みなさん真剣に聞いていました。

15.jpg

そして、体験です!

6.jpg

乗っている人も
仲間の乗車を見守る人も
楽しんでいただけた様子♪

36.jpg


車いすマラソン大会が大好きです!と
いつも応援してくださっているという方にも
乗っていただきました

29.jpg

乗ってみたい!と支援員の先生も♪


20.jpg

おわりの会では

感謝の気持ちを。


感想の中に

「同じ車いすを乗っている者として
自分もがんばらなきゃいけないなと思いました」と、

その言葉が印象的でした。



・・・・・・・・



それから

大分東明高校へ。


東明高校のみなさんは
大分国際マラソン大会でボランティアとして
参加していただくので

事前説明を兼ねてのふれあい訪問でした

5.jpg




慣れた礼儀の正しさに、
みなさん日頃からちゃんとされているのだなと
感じました。

9.jpg


真剣に聞いてくださいました。


10.jpg


ボランティアは、おもてなしの精神で。
自分にできることを、と
先生のお話がまた とても良かったです。

18.jpg

記念撮影♪


23.jpg


道を作って、選手をお見送り。




東明高校の生徒のみなさん、

マラソン大会では
おひとりおひとり 心のこもったおもてなしを
どうぞ、よろしくお願いします!




















posted by 障体協ブログ at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもふれあい交流事業