2014年08月31日

阿南正史選手講演会

夏休み最後の日晴れわーい(嬉しい顔)

日出町保健福祉センターにて阿南正史選手による講演会が行われました。
今回は、地区の児童・保護者の方を対象に車いす陸上競技
障がいについてのお話しがありました。わーい(嬉しい顔)
DSCN2417.JPG
「練習できつい時は、精神力との戦いです。」と阿南選手

DSCN2428.JPG
 〜阿南正史選手〜
 大分県杵築市在住
 車いす陸上競技である100m・800m、駅伝、マラソン等でご活躍されています。
 100m・800mにおいては、今年の11月長崎にて行われる全国障害者スポーツ大会
 の県代表選手に選ばれています。ぴかぴか(新しい)

DSCN2420.JPG
 当日は、多くの人が話しを聞きに来られていました。

DSCN2426.JPG
 ユニフォームと各大会で授与されたメダルです。
すごい数ですね。目

 今回は、実際に車いすに乗って体験できるように3種類の車いすを準備しました。
まずは、一般的によく見かける介助用の車いすです。車椅子
病院等でもよく見かけますね。目
DSCN2441.JPG

続いてハンドサイクルです。
今回は、駆動輪と座席および座席側の車輪が分離している取付型となっています。
取り付け前↓
DSCN2434.JPG
取り付け後↓
DSCN2438.JPG
ハンドルを手で上下に回しながら前に進みます。
これなら下肢に障がいがあっても乗ることができるのです。ひらめき

最後に、レーサーです。
車いすマラソン等で見かけることもあると思います。
こぎ方についても教えていただきました。わーい(嬉しい顔)
DSCN2440.JPG

では、それぞれグループに分れて乗ってみましょう。
DSCN2443.JPG
少しの段差でも大変です。あせあせ(飛び散る汗)

DSCN2467.JPG

DSCN2458.JPG

 初めて乗るハンドサイクルやレーサーは、「もっと乗りたい。るんるん楽しかった。わーい(嬉しい顔)
との声を多く聞きました。

 今回、講演の中で阿南選手より「障がい者スポ−ツを始めたことにより、多くの人と関わることができた。
周りの人の支えがあってこそ続けられている。」と感謝の気持ちを伝えておりました。
 現在は、全スポで金メダルを目標に頑張っているようです。

 阿南選手、関係者の皆さまお疲れさまでした。わーい(嬉しい顔)




posted by 障体協ブログ at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | その他障がい者スポーツ
この記事へのコメント
今回はお世話になりました。
子ども達も、保護者の皆様も大変楽しそうで、
夏休み最後の一日に良い出会いであったと思います。

ありがとうございました。
Posted by 堀 at 2014年09月02日 14:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103088647

この記事へのトラックバック