2014年12月19日

日出町大神小ボッチャ・卓球バレー体験会

 みなさまこんにちは雪
12月17日(水)『日出町立大神小学校』へ行ってきました。
今回は、ユニバーサルスポーツを学ぼうということで4年生48名を対象にボッチャ・卓球バレーの体験会を行いました。わーい(嬉しい顔)
そして、今回大分県障害者スポーツ指導者協議会より、3名の指導員にお越しいただきました。

DSCN2735.JPG

 右側から堀川会長、藤花さん、杉安さんです。わーい(嬉しい顔)
最初に、障がい者スポーツが始まったきっかけやユニバーサルスポーツについて説明がありました。

ぴかぴか(新しい)ユニバーサルスポーツ=障がいや年齢に関係なく誰でも参加し、活動できるスポーツぴかぴか(新しい)

DSCN2746.JPG DSCN2747.JPG
 まずは、卓球バレーを3コートに分かれて体験しました。グッド(上向き矢印)

DSCN2748.JPG
実際にアイマスクを付けて、体験してみました。
卓球バレーでは、ボールに金属球が入っており、視覚障害のある方も、音を聞いてボールの位置を把握することができます。ひらめき
みんな初めて行う競技に楽しんでいました。

 続いて、ボッチャの様子です。目
DSCN2750.JPG
説明後、各班で体験しました。るんるん
赤と青の各6球のボールを白のジャックボールに近づけられるかを競います。

DSCN2751.JPG
エンドラインぎりぎりで狙うのが難しそうです。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

DSCN2754.JPG
そして最後に、校長先生がモデルとなり、ランプ(勾配具)を使用し体験しました。
介助者に高さや位置を伝え、調整します。
現在は、の3点勝ちです。

DSCN2755.JPG
うまい具合に、ジャックボールを動かし、の3点勝ちになりました。わーい(嬉しい顔)
っというふうに、障がいがあってもなくても、誰でも楽しめるのがユニバーサルスポーツです。

DSCN2756.JPG
各班に分かれて今回学んだことをふりかえりました。るんるん

意見発表の際、楽しかった。おもしろかったといった意見以外にも、障がい者が参加できるよう道具等も工夫されている。
卓球バレーは、目隠しをしてもボールに音がするため楽しめたといった意見も多く聞かれました。
児童からは、多くの気づきがあり、大変良い体験会ができたのではないかと思います。
今年最後の体験会になりましたが、みんな指導員の話しを真剣に聞き、多くのことを学んだ様子でした。かわいい


















posted by 障体協ブログ at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | その他障がい者スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/107290205

この記事へのトラックバック