2015年05月13日

5.13 ラオス研修生の表敬訪問

 みなさまこんにちは晴れ
今日は、大分県庁別館にてぴかぴか(新しい)ラオス研修生ぴかぴか(新しい)が草野福祉保健部長を表敬訪問されました。

 NPO法人「アジアの障害者活動を支援する会(ADDP)」は、ラオスにおいて障害者スポーツの振興を図るため、ラオス障害者スポーツのリーダーを育成する研修を毎年実施しています。
 今年は、ラオスから障害者スポーツを担当する政府関係者が来日し、大分県内で研修することもあり、今回の表敬訪問に至りました。わーい(嬉しい顔)
また、太陽の家では、平成20年度からADDPに協力してラオス研修生を受け入れています。ぴかぴか(新しい)

大分県での障害者スポーツについて説明しています。
IMG_9186.JPG

IMG_9187.JPG
写真右 ラオス教育スポーツ省 障害スポーツ推進課長の パタナ課長
中央       同省       健康推進課 課長補佐 カムラ課長補佐
左 ダスキンアジア太平洋障害者リーダー育成事業研修生 チゴン氏

 「以前ラオスでは障害者スポーツは発展していなかったが、こういった研修を行うことにより、少しずつではあるが定着しつつある。研修で得たことをラオスに持ち帰って活かしていきたい。」と思いを語るパタナ課長。

IMG_9192.JPG
 最後は、記念撮影を行いました。カメラ
障害者スポーツが世界でもっと振興していけるようになってほしいと思います。わーい(嬉しい顔)
posted by 障体協ブログ at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | その他障がい者スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/129839260

この記事へのトラックバック