2015年07月22日

U−19 CPサッカー日本代表選手が大分より選出されました

 86日より、イギリスノッティンガムで開催される
「ノッティンガム 2015 CPISRA ワールド ゲームズ U−19 ワールド チャンピオンシップ」に大分県から2名の選手が選ばれました。わーい(嬉しい顔)サッカー

 派遣選手は、過去3回実施された「チャレンジ CP サッカー」より選出されています。るんるん
全国各地から出場される中、大分から2名の選手が選ばれることはすごいですね。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


 それでは、選手の紹介です。
IMG_0359.jpg
写真左から ぴかぴか(新しい)鳴海 得 (なるみ やすし)選手 16歳ぴかぴか(新しい)                                                    (ニックネーム:やっさん)
      ぴかぴか(新しい)福田 吉弘(ふくだ よしひろ)選手 17歳ぴかぴか(新しい)                                                  (ニックネーム:ヨッシー)

 今回出場されるCPサッカー(脳性まひ者7人制サッカー)とは、比較的軽度な脳性麻痺選手がプレーできるように考案されたサッカーです。サッカー

 現在は、週に1回太陽の家で練習や合同合宿に参加されています。

お二人に今大会での意気込みを聞いてみました。耳
鳴海選手:ゲームに出て沢山点を取りたい。
福田選手:チームメイトと一緒に点を取りたい。
と決意を表してくれました。わーい(嬉しい顔)

 皆さまの温かいご声援をよろしくお願いいたします。
posted by 障体協ブログ at 16:46| Comment(2) | TrackBack(0) | その他障がい者スポーツ
この記事へのコメント
よっくん頑張って。凄いね。夢ちゃんも喜んでいたよ。体に気を付けてね
Posted by 同級生の母 at 2015年08月05日 20:06
頑張れよ、もう2度と出たくないです。そう思うようになるよ、2回も出れば11人こーす、はじめてみたきみら、では
Posted by 阿部 秀吾 at 2017年02月15日 09:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/155362690

この記事へのトラックバック