2010年02月21日

第21回全国車いす駅伝競走大会・結果!


 (※事前の関係記事 → ) >>県庁で出場あいさつ 、 >>前日の開会式
 


 21日(日)、晴れ好天に恵まれた、千年の都・京都。

 (それでも、九州・大分よりはずいぶんと風がひんやりした印象。)
   10022101.JPG
 
 本日、京都の駅伝シーズンを締めくくる、全国車いす駅伝競走大会が行われました。
 

 
 
 第21回大会となる今年、県内からは大分A・Bの2チーム。 


 九州ブロックを入れて3チームがエントリー。


 どの選手も、持てる力を精一杯出し切りました。
 
 10022102.JPG


  (競技場内。大分A・Bと福岡の3監督による、レース情報の把握)

  
   

<大分Aチーム:準優勝>

 前半、廣道・笹原両選手が区間賞を獲得。3区の坂元選手も粘りの力走。
 
 しかし、4区で京都Aのスーパーエース、西原選手(第29回大分国際車いす
 
マラソン大会・ハーフ男子T53/54優勝)が、序盤の上り坂を圧巻の走り。
 
 大分Aの若手ホープ・佐矢野選手を、「あっという間」(佐矢野選手:談)に
 
交わしてトップに立ち、西大路通りの下り坂も快走します。
 
 大分Aも、アンカーの渡辺(習)選手が必死に追いかけますが、そのまま
 
地元・京都Aが逃げ切って2連覇。大分Aは3年連続の準優勝となりました。
 
  10022103.JPG 
 
  渡辺選手、あと1周! (後方はゴールテープを切る直前の京都A・澤村選手)
 
  10022104.JPG 
 
  渡辺選手、準優勝でのフィニッシュ!!
 
  10022106.JPG
 
  (閉会式・高円宮妃久子殿下と握手する大分Aチーム)


 
<大分Bチーム:16位>

 序盤、藤原選手・渡辺(昭)選手が中段やや後方の位置で、京都の街中を走ります。
 
 吉川選手、城選手も、烏丸通りの向かい風や紫明−北大路通りの上り坂右斜め上

苦しみながらもあせあせ(飛び散る汗)食らいつき、アンカーの吉松選手へ。
 
 吉松選手、昨年の大会では競技場で転倒しましたが、今年は競技場内で
 
1人交わすなど、区間10位の力走でリベンジ成功!!
 
 10022105.JPG
 
 最終的に、チーム全体の目標タイムにはわずかに及ばなかったものの、


昨年の順位を上回るグッド(上向き矢印)16位となりました。

 
 
<九州ブロックチーム:24位>

 熊本との混成チームで挑んだ今大会。


 大分から参加した阿南選手・佐藤選手は、3区・4区と中盤の難所を任されますが、

沿道からの声援を力に変え、「しらしんけん」手(グー)あせあせ(飛び散る汗)に、たすきをつなぎます。
 
 結果、繰り上げスタートにも遭うことなく、最後は競技場内からの拍手を浴びて、 


24位でのフィニッシュとなりました。


 
 >>「第21回全国車いす駅伝競走大会」総合成績は、こちら


 選手・役員の皆さん、本当におつかれさまでした!

   そして、感動のレースぴかぴか(新しい)、ありがとうございました!!
 
 
    10022107.JPG    10022108.JPG
 
 
 

posted by 障体協ブログ at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他障がい者スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35476154

この記事へのトラックバック